部屋にマッチした照明器具を選ぼう

ベストチョイスイルミネーション

部屋別照明器具の選び方

照明プランは、それぞれの部屋の広さはもちろん、その空間の機能やそこで過ごす人のライフスタイルを考えることが大切です。
それぞれの空間にふさわしい演出のノウハウや、あかりの組み合わせがあります。

豊富な種類の中からどんな照明器具を選ぶとよいのか、またお部屋のタイプや用途によってどんな家具、ソファを選べばよいのかなど、部屋ごとのプランニングのポイントを挙げてみることにしました。

白熱灯と蛍光灯の使い分け

照明器具やそれに見合った家具の選び部屋ごとに使い分けることが大切です。
蛍光灯は、点灯時に一番電力を消費し、点け消しが多いとランプ寿命も短くなってしまいます。

従って一度点けたら長時間点灯している部屋の場合、電気代が安く長寿命の蛍光灯が経済的となるのです。そのため、点け消しが頻繁で点灯時間の少ない部屋は白熱灯、点け消しが少なく、長時間明かりを使う部屋には蛍光灯というのが一般的となっています。

 リビング

くつろいだり、テレビを見たり、リビングは家族の多目的空間です。

さまざまなシーンに対応できるよう、空間全体を照らす主照明のシーリングライトに加え、ダウンライトやブラケットなどの補助照明も組み合わせた多灯づかいにして、目的にあった最適な光が演出できるようにしましょう。また、調光器などを設置しておくともっといいでしょう。リビングでのインテリアソファとの兼ね合いも考慮しましょう。

 吹き抜け

吹き抜け空間の広がり感を強調するには、壁面や天井面を明るく照らすことポイントです。

上下に配光するブラケットやスポットライトで空間の奥行きを深める効果を生み出し、多灯ペンダントなどを使うとダイナミックな空間を演出する事ができます。
照明器具の寿命の長いランプを使用するか、ランプ交換時に、器具を降下させることができるものを選択するとよいでしょう。

 ダイニング

食事や会話の楽しさを増す雰囲気が出るあかりを選びます。
白熱灯のペンダントライトがおすすめで、テーブルをバランスよく照らし作った料理を美味しく鮮やかに見せる効果があります。

ペンダントの取付位置はテーブル中央が基本ですが、大きいテーブルでは小型のペンダントを2〜3灯使用したり、ダウンライトを多灯づかいするのもお洒落な方法です。
手動昇降型ペンダントなら後片付けの際も高さ調節を簡単に使えるので便利です。インテリアのソファベッドともバッチリです!

 キッチン

キッチンは作業場。隅々まで明るくすることが基本で、油汚れが付きやすいので、掃除しやすいタイプを選ぶと掃除が楽になります。

影のできにくい蛍光灯を主照明として、流し台やコンロ部分などに手元灯などの補助照明をシステムキッチンに組み込まむとよいでしょう。
また天井灯は吊戸棚を開けても当たらない位置につけるか、埋め込み照明を使うと使いやすいです。
棚下用のキッチンライトは可動式スポットのついたタイプなら光の向きが自由に変えられて便利です。

 寝室

くつろぎの空間ですので、リラックス出来る柔らかな光の白熱灯か、蛍光灯でも暖かみのある色を選ぶとリラックス出来ます。
天井部分にシーリングライトやダウンライトなどの主照明を設け、枕元にすぐにつく手元灯や足元に常夜灯などがあると便利です。一般の部屋に比べ照度は低くてもかまいません。

横になったときに光源が直接目に入らないようにする配慮が必要となります。ベットで点灯、消灯ができるリモコン付照明や、やすらぎ空間のためには調光できる照明も便利です。ベッドルームのコーディネイトには欠かせません。

 子供部屋

子供の成長期に目の負担を軽くする照明計画を考えてあげましょう。
基本は、部屋の隅々まで明るくする蛍光灯のシーリングライトを主照明にし、セードもアクリルセードなど割れにくい素材を選ぶようにします。

勉強机には手元に影ができない位置にスタンドを配します。
高さや角度が変えられるアーム式など、机上面すべてに光が行き渡るものを選びましょう。
シーリングライトもスタンドもインバーター器具ならばチラツキが少なく目があまり疲れません。

 和室

和室の天井の造作にはいくつかのタイプがあります
平天井なら制約がありませんが、格子天井や船底天井はら吊り下げ式のペンダントは設置できますが、シーリングは設置する事ができません。

片流れ天井の場合は、傾斜天井に対応した器具のみ設置可能ですので注意が必要となります。
和室の内装材にあった、木や竹、和紙を使用した器具を使い、まぶしさの少ないやわらかな照明がおすすめです。

 内玄関

訪れる人と迎える人の顔がはっきりと見えることが重要です。
明るさの確保が大事な空間ですので、通常の高さの天井では小型のシーリングライト、天井の高い吹き抜け空間の天井には吹き抜け用ペンダントが一般的です。

また玄関ホールから続く廊下の突き当たりの壁に照明を取り付けると明るさ感がアップします。訪れる人に安心感を与え、空間に奥行きが生まれてきます。

 廊下・ホール

歩いてゆくと暗くなっていく通路は不安感が増していきます。お年寄りからお子様まで安心して歩ける空間作りをするのがポイントとなります。

行き帰りどちらからでも見える位置に、ブラケットやダウンライトを設置し明るくします。
夜トイレなどに行く時、眠気を覚まさないように、フットライトを自動点灯にすると便利です

インテリアや雑貨にこだわる人は廊下やホールに最初からディスプレイスペースの埋め込みBOXを設計しています。ライトもスポットライトに調光をつけて、好きなかわいい雑貨やナチュラルテイストなアイテム、グリーンなどを置いて演出するのもいいかもしれませんね。

 階段

ここは白熱灯が主流となっています。
一般的なのが上からの吊り下げ式の照明ですが、
コーナーや壁にブラケットを付けて間接照明にしたりします。

光源が直接目に入らない位置にするか、上面カバー付きを選びます。
階段を降りる時に、光源が直接目に入らないため眩しい思いをする事がありません。
躓きやすい階段の昇り降りの各1段目にフットライトがあると夜も安心出来ます。

 トイレ

出入りが多くスイッチを点け消しの多い場所なので白熱灯を使用しましょう。

最近では、人を感知すると電気が点くセンサー付きの照明器具が消し忘れもなく、
節電する事ができます。
夜中トイレに起きたとき眠気を覚まさないように間接照明的なものも人気となっています。

 サニタリー

浴室の照明器具は、まず防湿タイプの器具を選ぶことが重要です。
浴室の窓の反対側に照明を取り付けると、窓ガラスにシルエットが映りこんでしまいますので、窓に影が映らないように設置するようにしましょう。

洗面台のあかりは真上、もしくはサイドに設置します。
システムバスや洗面化粧台に組み込まれている場合は、ショールームなどで、確認しておくといいでしょう。

 エクステリア

門扉部分と玄関ポーチに照明を設け、門から玄関までのアプローチの距離がある場合は、アプローチの途中にも設置しておきます。

玄関ポーチの照明は、軒下のシーリングか壁面にブラケットがほとんどで、ドアの開閉によって光が遮られないように、丁番側と反対に設置するようにしておきます。
門扉やアプローチは、夕方になると自動点灯するタイプや人が近づくと明るくなるタイプなどが明るく歩きやすく、付け忘れや防犯面でもおすすめです。

Favorite

明大前の美容院

最終更新日:2017/7/11

インテリア照明を楽しもう