遙か昔、16世紀から続くインテリア家具、ソファの歴史

ベストチョイスイルミネーション

部屋の雰囲気をより優雅にしてくれるインテリア家具、ソファ

遙か昔の16世紀、インテリアとしての家具の装飾は加速が見られました。また、生産される国やブランドまでが求められるようになり、上流階級のひとびとは、こぞってイタリア製のインテリアとしての家具類を、自分の家におくようになりました。これはいわゆるステータスとしての象徴といっていいでしょう。またイタリアといえば、今ではヴェネチアのガラスが有名ですが、これはこの時代から噂は広まってゆきます。

そして、ガラスのインテリアと言えば、ベネチアのガラス!というのもこに時代に定着したインテリアです。そして、いままでインテリアとしての装飾といえば、幾何学的な模様だったり、唐草模様だったりしてきましたが、この時代には、自然のもの、植物や花などの彫刻やデザインなども登場してきます。また上流階級のみならず、中産階級のひとびとにも、家具をインテリア装飾として楽しむという習慣がうまれてくるのです。時代は人々に富を与える事で、芸術が進化していったんですね。

そして、やっと登場するのが、ソファです。ソファの歴史、インテリアの歴史についてはあとでお話ししますが、この時代、やっと椅子だけでなく、ソファが登場しました。ソファの登場は、実はとても画期的なことなのです。

古くから愛され続けているソファ

さて、美しいインテリア家具やソファなどが中産階級の人々にまで親しまれるようになってきて、装飾としてのインテリアは大分、多くの人々の住宅で見られるようになってきましたが、劇的にその変化を遂げた、または人々の間に浸透していったと言っていいのが、近代です!そのきっかけというのが、まさに、産業革命です。産業革命をご存知ですか?工場制機械工業の導入により、一気に物の生産や、人々の暮らしは変化してゆきます。

社会構造までもが変化して行った時代ですので、もちろん、インテリアとしての様々な家具(ソファもしかりです)や装飾品などは今までは全く違うといってよいくらいの変化をなしました。今での変化とはどう違うのか?ろいうと、もともとインテリアの家具として使用されていた素材からまったく変わってしまったのです。それは、今まで使用されていた大理石や木などといったものから、鉄やガラスといった大量生産しやすいものが、インテリアとしての家具の素材の主役ととってかわったのです。

つまりこれはどういうことかというと、、、人々の間で、インテリアとしての家具は、装飾性よりも機能性が重要であるという方向へ変化してしまったのです。このおかげで、インテリアとしての家具(もちろんソファも)は芸術的な美しさとはまったく遠い、その機能を生かす形へと変化して、また大量生産される方向へうつっていったのです。

見た目的な変化でとくにわかりやすいのが、アメリカ合衆国でのインテリアとしての家具類です。今までの美しい装飾のほどこされたインテリアとしての家具ではなく、とても斬新なそしてかなり奇抜なインテリアまでもが登場するようになりました。世界的に、多くの人々に浸透していった機能的なインテリアとしての家具ですが、これとは反して、少数ではありますが、ずっとそのインテリアとしての家具の装飾を、さらいに追求するといった運動もありました。

そのおかげで、美しい芸術的なインテリア家具がまったく消えずにすんだのです。そして、時代にあわせ、機能性と装飾性をあわせもった、この時代ならではのインテリアとしての家具が登場するのです。これはフランスで主に親しまれた風潮で、アールデコとよばれています。

デザイン重視のインテリア:アールデコ

アールデコといういままでのデザイン性を重視したインテリアを大切にする動きのほかに、アメリカでも今までのインテリア、装飾文化を大切にうけついで、いこうという動きも現れましたが、残念な事に、この時代で一気に美しいその時代時代をあらわした装飾性のあるインテリアとしての家具は殆ど失われ、時代を象徴するような美しいデザインはなくなってしまいました。

人々の暮らしが全体的に裾野まで豊かになりだしたそのきっかけは、大量生産などの、同じような物を沢山つくりだす、近代化にあり、その動きとはんぴれいして、特別なひとびとのみが持てる物、特権的な物としてのインテリアが息を潜めてしまったことは、悲しいような、実は平和であるといえるような。。。微妙な感じですね。

タイトルとおり、ソファを購入する前に、ソファには沢山の種類があることをご存知ですか。 カウチソファー、リクライニングソファー、ソファーベッドには折りたたみソファーベッドや収納付きソファーベッドなど。。。少し思いついた物を並べただけでもこれだけのインテリア家具、ソファ家具があります。これはほんの序の口のインテリアソファですが、まずソファ家具を購入する前に、必ず確認しなくてはいけない事がいくつかあります。

ユーケイ冷熱なら定期的なメンテナンスやクリーニング・調整整備などを行い、より快適な空調をお約束します。

部屋にベストマッチなインテリア家具、ソファを購入
ではソファ家具購入前に気にしなければならないことをお伝えしましょう。まずは、気持ちです!ソファ家具を購入する前の気構えみたいな物ですが、、、ソファを選ぶときには、他のインテリアや家電と同じような衝動的な買い方は、絶対してはいけません!使用する人の生活空間やライフスタイルに最もあった形や色、そして素材を考えなくては行けません。

ソファは、それなりの値段で、家においたらその存在感は一番と言っていいでしょう。どのような外観か決まったら、次は、インテリア家具探しのためのお店まわりです。一件で決定せず、沢山のインテリア家具店に脚を運ぶのがベストです。そして、お店にいったら、まず実際に座ってみてください。その座り心地、そして障り心地を何度も試してください。じっくり、ゆっくり、時間をかけて家具を探すのがコツです。

さて、ライフスタイルにあったソファの形、インテリア家具っていったいどういうことでしょうか?まず、ソファにはいろんなサイズがあります。ひとり掛けからさんにん掛け、または2.5人掛けというサイズなんかもあります。いったいあなたは、いつ、どんなときにソファに座るのでしょうか?静かに本を読むとき、テレビを見る時、恋人と一緒に過ごす時、家族と一緒の団らんのとき、、、まずは想像してみてください。ソファに座る。。。ソファを背もたれにして床に座るかもしれませんね。体が疲れているときに脚を乗せるかもしれません。

ソファの肘掛けはあった方がいいか?そこに腰掛けるかもしれないから丈夫な大きな肘掛けのあるソファがいいかもしれない。。。などなど、ソファをどんな風に使うか、どこにソファを置くのか?などと想像しただけで、さまざまなパターンが考えられます。どうでしょうか?そろそろあなたのお好みソファが思い浮かんで来たでしょうか?

それでは次に、実際のインテリア家具、ソファについて想像してみてください。どんな色のソファを選びましょうか?実際に無難で、長く飽きがこずに使う事をかんがえると、、、どんな色との組合せでも、無理なく調和出来る基本的なベージュやブラウン、グレー系がいいでしょう。これは無難な路線のソファの色選び意見です。

インテリアの色を決める場合、部屋自体のスタイルをよく考えてみてください。ソファはインテリアの中でも大きな物の一つです。この大きな存在感あるソファが、部屋にあるだけで、雰囲気が変わってきます。このソファが寒色系なのか暖色系なのかでも、一瞬で部屋のイメージは決まってきてしまいます。先に述べた、基本のベージュやブラウン、グレー系であれば、だいたいどんな場合でも、調和がとれるインテリア家具となります。出来れば避けたいものとしては、汚れが目立つ白いソファ。

汚れを気にしては、インテリア家具ソファでゆったりくつろぐ事も出来ません。その逆の黒のソファ。黒色というのはインテリアの中でも主張が強く、他のインテリアとの混ざり合いが大変むつかしいです。また柄など着いた物は洋服などとおなじで、家具のはやり廃りがあり飽きが来てしまうのが心配です。

オレンジ色や緑色などの家具ソファは、ちょっと家具として主張しすぎて、タダでさえ大きくて充分主張しているソファ家具ですので、もし部屋全体のインテリアを変更したいと思った時に、とても不便です。

基本的だといったベージュやブラウン、グレー系のソファの色も、色の濃さによっては大分イメージが変わってきます。お店をいくつか回ったときに、色見本をもらってソファを置く部屋に持って帰って、考えてみるのもよいでしょう。

つぎには素材です!ソファ家具に使われている素材は大きく分けて、革と布とがあります。これまた全く違った素材ですので、お部屋にソファを置いた時、大分イメージがかわってきますね。では、この2種類のソファの素材の簡単な説明をさせていただきます。

まず革ですが、それだけで、重厚なそして高級感を感じる家具となります。また革が使用された家具はお手入れが必要なので、こまめにお手入れをすれば、それだけで長く使う家具となります。しっかり手入れが行き届き何年もかけて使われた家具、革のソファの座り心地はとてもよいものです。ただ、革素材の家具は気候にもとても左右され、また直射日光にはあててはいけないので、部屋の中でもどのような場所に家具を配置するか決められて来てしまうのがポイントです。
それとは別に、布のソファの場合は、設置する場所を問われません。それに一番革のソファと違う点はというと、色のバリエーションが豊富である事でしょう!また、革のソファと違ってお手れ入れと言っても、専門的な家具知識は必要なく、簡単に綺麗にする事ができます。

長く使うインテリア家具としてのソファ。思いつきで買わずに、ぜひ、色々なパターンを想像してワクワクしながら家具選びを楽しんでくださいね。
Valuable information

ハンス・J・ウェグナーやボーエ・モーエンセンの家具をお探しなら

北欧家具の通販専門店
http://www.nynystyle.com/
アイスクリーム 通販
http://circodoro.jp/

Last update:2015/7/10

インテリア照明を楽しもう